PG言語は道具

こんにちはMTJです。

PGを覚えるのはあくまで通過地点でありゴールではないという話です。

基本PGは何かを実現するために使用する道具であり、○○の作り方を覚えるというものではないと思います。
例えば掲示板を作りたいからCGI、WEBサーバー関連を覚える等 Aに必要な技術は〇と△だから覚えようという感じです。

これをUMLを覚えて、その通りクラスを作る方法を覚えただけでは掲示板は作れませんよね。
もちろんオブジェクト指向等は重要ですが、あくまで道具を上手に扱えるようになっただけ
誰もペンチの使い方を学んでから、何かしようとは思いませんよね

同様に〇〇の言語は優秀という話をよく聞きます、C++、C#どっちがいいですかとかはよく訊かれる話ですが
どちらの道具にも利点と欠点があるため、一概にどちら良いとは言えません。

pythonの使い方を軽く覚えて、自分の場合デスクトップアプリメインで現状使いどころないと感じ上記のような事を感じました。

バリウム

先日、健康診断を受診しました。
今回の健診は、人生で初めてのバリウム検査を含んでいたため、
少し不安がありました。

その不安を払拭するべく、事前にバリウム経験者の皆様に話を聞き、
覚悟を決めて検査に臨んだため、結果的には拍子抜けというか、
あっさり終わってしまい、ある意味で若干残念でした。

味は、可もなく不可もないヨーグルトソーダ味でした。
(昔に比べて随分飲みやすくなったそうです。)

検査そのものは問題なく終わったものの、
検査後に飲んだ下剤が効きすぎて、こちらの方が辛かったです。
こんな劇薬を全受診者が飲んで大丈夫か、と心配になりました。

何にせよ、大事なく検査を終え、
又、バリウムを経験することができて良かったです。

ただ、検査後にバリウムについて調べると、
その有効性やリスクについて諸説あるようで、
次回以降の受診については、改めて検討したいなと思いました。

UWP対応

先日、ラズペリーパイ3 + Windows 10 IoT Core の案件があり、せっかくなのでいつも使用している社内ライブラリのUWP(ユニバーサル Windows プラットフォーム)版を作成しました。

共通化できそうなソースコードは共有プロジェクトに移動した結果、UI関係やWindows依存な箇所以外はほぼ共通化が出来ました。単体テストも共通化出来ましたので動作確認もスムーズでした。

これで今後のUWP案件で効率良く開発できる準備が整いました。

電気自動車

ヨーロッパではガソリン車からディーゼル車への移行が進んでいましたが
ディーゼル車の排気ガス不正問題で一気に電気自動車への移行が進んでいます。
ボルボのオーナーである中国も本国の大気汚染問題解決のために電気自動車の
開発を急ピッチで進めています。
アメリカのテスラモーターズは石油の大消費国にありながら順調に電気自動車の
納車を増やしています。(予約金15万円なのに!)
さて、低燃費車では世界をリードしていた日本はどうでしょう。
早急に国として進むべく方向を決めなくてはならいと思うのですが。
やっぱり、売れなくなって(ケツに火がついて)からでないと動けないんでしょうかねぇ。
本田宗一郎さんならどうされたでしょうか。

お盆

mgcです。

お盆休みも終わり知らぬ間に今年も秋が近づいてきましたが
皆さんいかがお過ごしでしょうか。

私はお盆中に田舎に帰りお墓参りに行ってきました。
島根県の山奥にあるのでちょっとしたキャンプに行った気分になります。

1年に1度帰省するのですが
人が踏み入らない土地なのでとにかく木は生い茂り
前に進むのもやっとな状況です。
人が舗装した道路ばかりの時代なので
田舎に帰るたびに自然の良さと成長の早さに驚かされますね。

プログラマー

MTJです。

プログラム業界に入ってやっとこさ5年目ですが世の中の色々な事をみてきて感じる事は
やはり好奇心を失わない事だと思います。

例えばC#の新しい書き方が出たときに興味を持って近づくか、持たずにスルーしてしまうではこの変化が早い業界では置いていかれてしまいます。
なので只PGを覚えたいと漠然と思うのも間違いではないのですが、この業界はそのような新しい事に興味をなくさずに接し続けられるかは結構大事だと思います。

デスクトップアプリはWEB系に比べてAPIの移り変わりもゆるやかで新しい技術もそこまで増えませんがそれでも興味が無い人は有る人に比べてどんどん遅れて行ってしまうと思います。

自分の場合はゲームとその周辺技術だったり、新しいPCパーツが興味の対象だったりします。
PGとは離れているような話ですが、なんでCPUが速くなったとか技術的な情報を取り入れ、そこからPGに興味を持つのも悪くないと思います。

清掃

インフォテックはデスク周りがきれいな人が多いです。
コンピュータのメモリが卓上のワークスペースに例えられることが多いように、
効率の良い仕事はきれいなデスクから、と考えているのだと思います。

自宅も斯くあるべしと考え、昨日は一日中、家の掃除と整理を行っていました。
結果、あるべき状態には近づいたものの、疲労困憊してしまいました。

汚くなるまで放っておいて一気に掃除するのではなく、
会社同様に(インフォテックでは週に1度、社内清掃の時間を設けています)、
定期的な清掃を習慣化することが如何に大切か痛感しました。

Fire TV Stick

このあいだamazonのFire TV Stickを購入しました。
TVで手軽に動画を見れるので便利ですね。
Miracastも出来るのでタブレットの画面をワイヤレスで表示することも出来ます。
これで3000円ちょっと。驚きです。

海外出張(2)

前回の2週間シンガポール出張から1週間後に再度3週間
シンガポールに出張しました。
現地は赤道に近いので今はすごく過ごしやすい時期でした。
英会話が不得手な私はPCのGoogle翻訳を使いました。
中華系の研究員に「日本語⇒中国語」を選択すると
「No! No! Please English!」と言われました。
彼ら中華系の人同士の日常会話は「中国語」なのですが
実は漢字が読めないのです。というか知らないのです。
公用語、論文、すべて英語ですが中華系同士では中国語で会話。
また、この国で生まれたイスラエル人の女の子は興味があった
らしく中国語を覚えてしまったと言っていました。
幼児が言葉を覚えていく段階で字は読めません。
でも、名詞と動詞や形容詞をつなげるようになります。
字を読んだり書いたりするのはずっと後です。
インド人同士はインド語、マレー人同士はマレー語。
そして他民族間では話すのも書くのも読むのも英語です。
ぼくは何と素晴らしいシステムだと思うのですが
皆さんんはいかがですか?

軍事機器

mgcです。

去年ぐらいにターミネーターのお話をこのブログで
させていただきましたが、
以前テレビで、最近の軍事機器には人工知能が使用されている
というものを目にしました。

近年の弾道ミサイルにはすべて人口知能が搭載されており
狙った都市のどこで爆発すれば一番被害が出るかというのを
判断し自分自身で進路を変えるのだそうです。

とうとうAIが人を殺めるときが来たのだなーと
少し考えさせられた内容でした。