急性胃腸炎

急性胃腸炎にかかってしまいました。
恐らく家族からの感染です。
家族が順番に感染し、私が最後でした。
胃と腸の粘膜がただれているので食べると嘔吐下痢をします。
(無理に食べても消化されないので無意味です)
なので絶食と水分補給という治療方法しかありません。
3日目の夜にようやく食事ができるようになりました。
手洗い以外にもこまめな除菌を行いましょう。

ラダーの整理

mgcです。

ラダーの作り方にはその人独自の作り方がある為
色々な人が手を加えると収集がつかなくなることが多いなと感じました。

そのラダーを整理すると、どこかの動作が不具合を起こす可能性が出てくるため
リスクが高くなります。
普段から誰が見てもわかるようなラダーの作り方を心がけて
実装をしたいなと改めて感じました。

ソフトの見た目

展示会等に行った場合に思うことは何事も見栄えが大事だと感じました。

もちろん展示会は展示目的でもあるので見た目が重要で、デザインが良ければ聞いてくれる人も多くなります。
自分も興味のある分野以外はだいたい見た目でフィルタしていたりします。

業務用ソフト等は見た目よりも機能だったりしますがその場合もデザインで使いやすさが変わると感じました。
UIデザインにもなりますがメニュー等についてもよく使う機能等、アイコン等がついていたほうが分かりやすくなります
ちょうどEXCELのリボンのように分かれていると初めて使う人でもどの辺りにあるのか探しやすくなると思われます。

コーディングだけでなくUIデザインについても頑張りたいと感じました。

キーボード

社内で使っているキーボードを、新しく買ってもらいました。
今までメンブレンかパンタグラフ式のキーボードしか使ったことがなかったので、
初めてのメカニカルキーボードです。

どれにしようか悩みましたが、
口コミを参考にして、シンプルで掃除のし易いものを選びました。
肝心の使い心地も良く、コードを打つのが楽しくなります。

そのうちに他のキーボードも試してみたくなり、
今度は自宅用に静電容量式のキーボードを買ってしまいました。
コトコトと上品な感じの音がして、
こちらも非常に使いやすいと感じています。

学生の頃、自分に合う書きやすいペンを見つけようとして、
たくさんのペンを買って試した事を思い出しました。
キーボードはペンのように簡単には買い替えできませんが、
毎日手に触れるものなので、愛着を持って大切に使っていこうと思います。

デザイン

弊社が作成するソフトは工場で使用されるものが大半。
そのため、デザインはあまり気にされません。というよりはデザインにコストをかけることは喜ばれません。

しかし、現在開発を行っているソフトは外販の可能性もありデザインにコストをかけて良く、私が関わってきたソフトで一番凝ったデザインのソフトになっています。

私の兄がフリーランスとしてデザイン会社を営んでおり(https://m-code.jp/)、以前から一緒に仕事が出来ればと思っていましたが、とうとう実現しました。
兄は普段WEBデザインやCGデザインを行っており、パナソニックやオンキョーなどの案件を担当していますので実力は十分。お客様からもとても良い評価を頂きました。

再インストール

サポートセンターに電話で問い合わせると「Windowsを再インストールしてみてください」と言われました。
いやいや、まだ問題の原因が解明されていない。
そして、「してみてください」というのはどういう事か?
我々、ラダーマンのPCには各社のエンジニアリングツールが山ほどインストールされている。
Windowsを再インストールした後、それらのツールも再インストールするには1日仕事になる。
なぜなら、再インストールしたソフトの数だけアップデートが必要になるから。
ましてや、「再インストールしてみて…」というのは「再インストールしたところで問題が解決する確証はない」という事。
結局、自分で色々調べて問題は解決しました。(もちろん、再インストール無しで)
最近、確かに、「Windowsのせい」にして逃げようとする傾向が強いと思う。
リンゴ屋さんにも「BootCampの再インストールを…」と言われた事がある。
メーカー様、サポートの質を上げて頂きたい。

どちらが良いのか…

mgcです。

最近ロボットアームを触る機会がよくあります。
そこで設備によってロボットの制御方法が異なることに対して
よく戸惑いがあるのですが

ロボット側でティーチングを行いそのポイントに移動するよう
シーケンサ側でいちいちポイントを指示してあげるのか

一連の動作をするようロボット側でプログラムを組み
シーケンサ側からは起動指令のみを渡してあげるのか…

前者のデメリットはタクトタイムが伸びてしまう可能性がある事と
ラダーが複雑化してしまうことだと思います。
メリットはどのメーカーのロボットにも基本的に対応可能ということ。

後者のデメリットはロボットのメーカーによってプログラムの書き方が異なるので
その都度ロボットのプログラムについて理解しなければならない点
メリットはタクトタイムの短縮が可能な点とラダーがシンプルになるという点だと思います。

んー…どちらが良いものか考えものです…

展示会等を見て

こんにちはmtjです。

展示会を見ましてソフト系の展示会はAI、IOT、遠隔操作等が流行っていると感じました。

世の中が省力化に動いているような気がします。

ARを使い技術者が遠隔から作業者に指示を出す、ロボットにAIを組み込み配置等が変化しても柔軟に適応できる
IOT、遠隔通信技術により遠隔からでも保守、状態の確認が可能になる等です。

まだまだAIと言っても展示会用に特化していて、実際にはプログラムで状態判定をしているかAIかわからないもの等もありますがあと数年後には
単純作業はAIを導入したロボットが行うのではと感じました。

AIの保守、導入コスト等が解決されればすぐに広まるのではないかと感じました。

10年後が楽しみになりました。

ソフトウェアのローカライズ

ソフトウェアのローカライズとは、外国の言語にも対応することを言います。
弊社のソフトウェアもローカライズを行う場合があります。

英語が主ですがローカライズを行う際、
どのような単語や表現を使うべきか気を付けています。
あまりにも長い単語を使うと、デザイン的にもはみ出してしまったり、
2行で表示されたりしてしまいます。

例えば「輝度」という単語に対して、
一番しっくりくる英単語が「Brightness」だった場合、
英語表示の場合は文字数が多く、
場合によってはスペースが足りなくなってしまいます。

自分のスマートフォンを英語表示に切り替えてみると、
狭い画面の中でどのような表現がされているのかとても参考になりました。
適切な表現とアイコンで、使いやすいソフトウェアを開発したいと思います。

SSD

最近、会社で使用しているデスクトップPCとノートPCをSSDに交換しました。
NVMeなのでHDDに比べて、シーケンスアクセスで10倍、ランダムアクセスで100倍近く高速です。

PC操作時の色々なタイミングで速度を実感でき、快適に開発が行えるようになりました。