スイスの時計師

週末にスイスの時計師についてのドキュメンタリーを見ました。
彼らは、極小部品を組み込んだゼンマイ仕掛けの機械式時計を年に数本、
手作業で仕上げています。

納期に間に合うよう、スケジューリングを行い、
設計に基づき、数百に及ぶ部材を手配し、彫金師など関係者と協力しながら、
部品の加工や組立てを根気強く行います。

とにかく非常な集中力と忍耐力で作業を進めるのですが、
その中で彼らが大切にしているのは、「顧客のニーズに応えること」は勿論ですが、
「自分の技術に対して拘りを持つこと」、「その技術を全て注いだ製品に誇りを持つこと」だそうです。それにより製作中のモチベーションを保っています。

同じものづくりに携わる者として、この心構えは大切にしたいと感じました。